ほうれい線を消すためには、厚化粧は絶対にダメです。 ほうれい線(医学用語では、鼻唇溝というそうです)が気になり、ファンデーション(シミやソバカス、毛穴などを隠し、肌をキレイにみせます)を重ねて塗ることで、ほうれい線を出来る限り消そうとしている方も多いかもしれません。 しかし、それは皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)にとって、とても良くないことなんです。 確かに、厚化粧をすれば、一時的にほうれい線(口の横にあるハの字のしわをいいます)は目立ちにくくなるでしょう。 でも、皮膚はファンデーションを厚塗りをされたことによって、皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)呼吸が妨げられ、窒息状態になってしまっています。 そんな状態がほうれい線にも肌にもいい影響を与えるはずがありません。 では、どのようにメイクをすればいいですよね。 上手にほうれい線を消すには、まずは化粧下地を塗ります。 次に、ファンデーション(次から次へと新しい商品が発売されます)を塗りますが、ほうれい線の上は優しくトントンとなじませるようにしてください。 そして、その後に、ハイライトコンシーラーを使用し、ほうれい線を目立たないようにするというメイク方法がオススメです。 ファンデーション(ケーキタイプのものは、コーセーが世界で初めて開発したそうです)は、できればリキッドタイプを使用すると、失敗しにくいでしょうー